年齢によって成功率が変化する

10月 27, 2016 at 5:52 午前 • Posted in • No comments yet

男性の転職は、年齢によって成功率が変化する現状にあります。当然ながら、企業が求める人材の中に、50歳以上という条件を設けているような求人があることは事実です。しかし、50歳となると定年までの年数は長いわけではありません。それならば、20代から40代までの人材の方が、定年まで勤務可能な期間は長くなります。中途採用という形で採用を行ったからといって、結果を出した後はすぐに退職してもらうということではなく、基本的には長期的に勤務してもらう形で採用を行っているため、年齢は採用を決める際に重要な要素となっています。

ただし、中途採用では実力や経験を求める企業は多いです。ですから、定年まである程度の期間は勤務可能年齢、そして実力や経験のある人材は募集している企業が多い傾向にあるため、想像以上の待遇で働き先を決められる可能性はあります。だからといって、一方的に企業側へ自分に都合の良い条件ばかりを提示してしまうと、魅力的な人材だったとしても条件が折り合わないことによって不採用になる場合があります。応募者にとって転職は、一生に一度、多くて数回という重要なチャンスです。ですから、少しでも自分にとって都合の良い条件で働くことが可能な企業を発見することは重要です。しかし、最終的な採否を決定するのは選考を実施している企業です。ですから、転職活動では応募者と企業側の双方が納得できる妥協点を見つけることが大切です。