経験が求められる

11月 18, 2016 at 4:33 午後 • Posted in • No comments yet

転職で経験を求められることに性別は関係ありません。中途採用では経験があり、戦力になる人材を求めている企業は多いです。中でも男性の場合は、中核になるような人材を採用したいケースが多くあるため、よりシビアな目で選考を受ける可能性があります。しかし、シビアな目での選考になってしまうのは仕方ありません。なぜなら、人件費は企業が支払う費用の中で大きな割合を占めているからです。人材を採用することによって、給料やボーナス、福利厚生、研修費用など、様々な部分で費用が発生することになります。発生する費用に見合う人材を採用するため、経験は選考において大きなポイントです。

ある程度仕事の経験のある転職希望の男性は、人材としての価値が高いです。特に、企業が求める経験をしている人材ほど評価は高くなります。評価が高くなれば採用される見込みは高い上、年収の交渉を行いやすくなります。企業側が提示する年収に納得している場合は面接の場で年収を確認する程度で済みますが、納得していない場合は、きちんと希望年収を伝える必要があります。年収は生活に大きく影響する部分なので、希望をきちんと伝えることは大切です。仮に希望年収が通らなかったとしても、納得できる範囲の年収で交渉を終えられたのであれば、交渉は成功です。年収に納得できず、交渉の余地はないと判断した際は、面接と選考を辞退する選択も必要です。これは、応募者と企業側の双方にとって時間の無駄を避けられる効果があります。