転職活動が上手くいかない時は

11月 10, 2016 at 7:59 午前 • Posted in • No comments yet

転職のチャンスは、求人情報が存在している限り誰にでもあります。時期によって求人情報の数に差があるため、チャンスの大きさに違いはありますが、後は自分の行動次第で採用の可能性は変化します。転職活動を行う中で辛い時期なのは、採用に向けて見込みや手応えを感じられない時です。例えば、書類選考の通過率が高くなれば良い状況になっているため、採用までの道はそう遠くありません。しかし、書類選考の通過率が低いこと、面接に進んだとしても採用になったことがないことなど、上手くいかない状況が続く場合は考え方を改める必要があります。

上手くいかない状況の時に必要な考え方は、今の転職活動のやり方が正しいのかどうかを疑ってみることです。結果が出ないということは、活動方法のどこかに良くない部分がある可能性が考えられます。それを発見し改善することができれば、良い結果が期待できるようになります。活動の方法が正しいかどうかを疑うことは、性別に関係なく必要な考え方です。特に男性の場合、家庭を持っている状況で別の仕事を模索することになれば、早めに軌道修正を行い、結果を出すことが重要です。十分に考えた上で行っている活動方法を、自分で疑うことに抵抗を感じるのは不思議なことではありません。しかし、上手くいかない現状を考えると、活動方法を疑うのは仕方ありません。活動方法を疑い、新しい方法を実践の中で試し続けることによって、転職成功というベストな結果に結び付きます。ただし、結果ばかりを焦ってしまうと後悔してしまうこともありますので、あくまでも慎重にじっくり考え、その上で活動方法を見直しましょう。